ワタリガラス 骨格標本レプリカ

型番 BC-BC-074-A
販売価格 235,000円(税込253,800円)
購入数

最大のカラスであるワタリガラスの骨格を細部まで寸分違わず再生した、迫力の骨格模型です!

ワタリガラス(渡鴉、学名 Corvus corax)は、スズメ目カラス科に分類される鳥。英名はcommon ravenあるいはraven。
ワタリガラスという和名の由来は、日本では渡り鳥として北海道で見られることに由来する。オオガラス(大烏)とも呼ばれる。
旧北区(ユーラシア大陸全域)・新北区(北米大陸)に分布する。日本では、北海道にて冬の渡り鳥として例年観察される。ハシブトガラスよりも一回り大きく、全長60cm。
ワタリガラスは有能なハンターで、協力して狩りをする。1羽の鳥を捕るには多すぎるほどの数でチームを組み、獲物を追いつめて遊ぶこともある。また、齧歯(げっし)類、穀物、幼虫、昆虫だけでなく、ほかの鳥、例えば海鳥の卵やヒナも獲物にする。死肉や人間の出すゴミを食べることもある。


体長58.4×高さ31.8cm



画像の使用および説明文の引用に関しては、Bone Cloes社の公認を受けています。


Bone Cloes社の骨格標本に関するご希望はこちらからどうぞ

Your recent history

About the owner

Naoki

店長のNaokiです。
当店は、本格的骨格標本専門店です。
日本では入手困難な逸品をお手頃価格でお客様にお届けできるよう努力してまいります。
店頭にない商品もお取り寄せ致しますので、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせ下さい。

Mobile